2009年 10月 12日

星にチャレンジ


小淵沢へ出かけました。

みなさんがきれいに撮られている星に、私も一度チャレンジして
みたかったので、ホテルの展望デッキで星空デビューしました。

展望デッキは、人が通ると振動で揺れるのです。新米の私には、
悪条件でしたが、まぁとにかくやってみよう♪ のノリで。

最初は少し雲がかかっていたのですが、時間とともに少しずつ消
えてくれて、きれいな星空が見えました。
流れ星も、うっすらと見えたものも含めたら6~7個は見ました!


星空に魅了される方の気持ち、この地に住みたくなる方の気持ち
に、雲間の星粒ほどでしょうけれど、触れられたような気がする夜
でした。

私もあと2日か3日この夜空の下で暮らしたら、東京に帰れなくな
るかも…などとも。

ハッキリしなくて眠たい写真ばかりですが、ワタクシ的にはこれが
せいいっぱい♪

開いていたシャッターを戻した瞬間に流れ星が・・・!
の瞬間にはガッカリもしましたが、星たちからの「また撮りなよ」と
いうメッセージと受け取ることにしました。



f0157215_10204711.jpg




f0157215_10205963.jpg




f0157215_1021640.jpg




私たちは、二人とも珈琲好きで、よく旅先でおいしそうな店構えの
珈琲屋さんを探しては立ち寄ってみることが多いです。

このあたりで入ってみたお店の書棚にある本で、タイトルや装丁
などで興味をそそられて手にする本の作者のプロフィールには、
決まって同じようなことが書かれていました。

「○○○○年に、勤めていた○○社を退社。脱サラしてこの地に移り住む。」

うらやましい限りですな♪













ふと目が覚めて時計を見たら午前4時。

カーテンを閉めずに寝ていたことに気づいて、このまま朝になったら寝
てられないじゃん…と、閉めに行った。

カーテンに手をかけて、窓を見上げて動けなくなった。
星がいっぱいで。

着替えて外に出るまでの気力はなかったので、そのまま窓から撮
影してみた。
危険防止のためらしく、窓は20㎝ほどしか開かないようになっている。
真上に出ていてた月をはずして、なんとかオリオン座(右下)を入れ
てみた。

もう少しきれいに撮りたかったけど。

写真ってすごいですね!
肉眼では見えてなかった星も写っているんですね。
(私が目に入れてなかっただけか)
私の目には、くっきりとオリオン座が際だってきれいに見えたけれど、
写真にはたくさんの星々が写って目立たなくなっている(?)。
もちろん、撮影の下手さが大いにあるでしょうけれど。



f0157215_11431471.jpg




私に向けて、ワタクシ的標語。
「旅に出よう! 感じよう!」


…で終わるはずが、語り出すと長くなる傾向の私。
マイッカ~で、書き続けちゃう。

感じよう!と自分に向けて書いて思い出した。
私の好きな一編の詩。
たまに思い出さねばと思う詩。

この人の、強い言葉の裏側に潜んでいて見え隠れする人間味に惹
かれるものがある。




「自分の感受性くらい」  茨木のりこ

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性ぐらい
自分で守れ
ばかものよ






[PR]

by 80percent | 2009-10-12 10:35 | 夜景


<< 風渡る秋      夕景 >>