2009年 11月 08日

ジュリエット・グレコ


Bunkamuraのオーチャードホールで、ジュリエット・グレコを聴いてきました。

相棒が、「彼女の年齢を考えるともう聴けないかも知れないよ。行こうよ!」と言うので。

もちろん、私も映画や音楽は大好きなので喜んでお供を♪



シャンソンって、一人芝居のようですね。

でも、アコーディオンとピアノという音楽の存在感が大きいので、芝居という

よりはどちらかというとBGMの力も大きい映画的かも知れないかなぁ・・・。

語るような歌い方のせいでしょうか、聴いていてアタマの中を映像が流れて

いきますよね。

あのダイナミックな演技、表現力は、すばらしいですね♪

それも82歳。

「歌」というよりは私は「演技」と呼びたい気がしました。

「パフォーマンス」では、ちょっと軽すぎるような気がするし。




長い時間をかけてコツコツと積み上げた「ジュリエット・グレコ」という人生(才能)を、

細かい紙吹雪状にしてフ~っと飛ばしているような、そんな舞台に感じました。

フランスの文化と、82年の年月に培われたステキな才能に出会えた夜でした♪





f0157215_1020568.jpg




f0157215_10201687.jpg




帰り道、通り過ぎただけのクレープのレストラン。

f0157215_10203780.jpg




f0157215_10205196.jpg




f0157215_1021115.jpg





[PR]

by 80percent | 2009-11-08 10:22 | スナップ


<< キャンディ      non title >>