80percent

denys.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 22日

落柿



どんよりとした曇り空の中、D40のお掃除をしてもらうために新宿のNikonのSCへ。


駅までの道々、代休という時間的な余裕があちらこちらで自転車を止めさせる。

なかなか駅に着かない。(笑)

とある家の柿の木のてっぺんの方で、メジロかウグイス(目が悪いので見極められない)

がたくさんいて、柿の実をついばんでました。

しばらく見上げて、うぅ、300mmが欲しかった…と、レンズの持ち合わせのなさを悔やむ。

しかたがないので、ブロック塀への不時着に成功した1個のダイバー(?)柿に焦点を合

わせる。

地面に落ちずに、ここに落ちる確率は果たしてどのくらいなのだろうか。

ここに落ちたことは、ダイバー柿にとっては、幸運なことだったのか? 不運だったのか?

柿から「いいからほっといてくれ!」と言われそうなことを考える。(笑)

ちょっと時間があると、どうでもいいことを考えてしまう。 


この柿を見て、そういえば、落柿舎(らくししゃ)という草庵があったはずと調べてみた。

松尾芭蕉の弟子、向井去来の草庵でした。

はじめてこの草庵の名をなにかで見たとき、粋でステキな名前だと思った。

我が家にもこんな粋な名前をつけたいが。(集合住宅なのに?)


f0157215_19352945.jpg




そして、お庭にお茶室と鳥居まである福田さんちのロウバイがもう咲いていてビックリ!  

まだ冬至がすぎたばかりなのに。 

f0157215_19405162.jpg




ところで。。。

NikonのSCで、「使って2~3年ぐらいしたらオーバーホールするといいですよ」と

勧められました。

オーバーホールの費用を聞いてみたら、3万円くらいとか。けっこうするんですね。

「じゃあ、今度考えてみます」と言ってSCを出てから思ったのですが、D40のボディ

だけなら、今3万円台で買えちゃいますよね~。

愛着がある1台を、オーバーホールなどしながらだいじに使っていきたいと思う反面、

う~む…、それって。 

[PR]

by 80percent | 2008-12-22 19:41 |


<< 師のみならず我も走る      なぜかシャンパン >>